ペットと飼い主が意思を伝え合う「ボタン」があるのをご存知ですか?

趣 味 / SNS

Pexelscottonbroによる写真


インスタグラムの

#hunger4words
というタグを知っていますか?


ペットを飼っている方や、
動物が大好きな方には是非
知っておいて欲しい、

これからのペット業界で
きっと大きな発展をみせる出来事が
もうすでにインスタグラム上では
日に日に公開され続けているのです。

スポンサーリンク


知らないという方は
まずこちらの投稿を観ていただけると
すべてが分かるかと思います。


床に並んだたくさんのボタンを
犬が押して、音声が流れています。


犬が、自ら押すボタンを
探し選んで踏んでいるのが分かりますよね。


この投稿をしているのは、
Christina Hungerさん。

言語療法士をされており

この、ボタンを通じてペットと
会話をすることをはじめた第一人者です。

Christina Hunger (@hunger4words) • Instagram photos and videos
750K Followers, 180 Following, 427 Posts - See Instagram photos and videos from Christina Hunger (@hunger4words)

映像に映っているわんちゃんはStella


いつも、賢く
「outside」「bye」「eat」などのボタンを使って

・外へ行きたい
・水を入れて欲しい
・遊びたい

など
思っていることを伝えている様子が
動画で投稿されています。


Youtubeも。


ペットを飼ったことがある人なら
よく分かると思いますが、

犬や猫は本当によく
人間の言葉・会話を理解しています。


そして、犬ならば
犬種によっても変わってきますが
人間でいう2.3歳児ほどの知能があるとされており

私たち人間の言葉や気持ちを理解し、命令に忠実に従う犬の知能は、人間に例えると2~3歳位と言われています。

https://dime.jp/genre/261273/


単語での会話レベルならば
ボタンを押して気持ちを伝え合えることが
そう特別なことではないと理解できます。

スポンサーリンク


このChristinaさんとStellaが行っている事を模して、

同じように
ボタンで会話をしているペットと飼い主が
#hunger4words」で
インスタグラム内を検索するとたくさん出てきます。


その中でも、更新が頻繁で
とても愛おしい気持ちにさせてくれるのが
シーパドゥードルのbunny

ブラウザーをアップデートしてください


ふわっふわで大きく
観ているだけでもとても可愛らしいbunnyは、

これまでに
「ouch」「paw」というボタンを使って
肉球が痛い”という事を飼い主に伝え、
それを聞いた飼い主が肉球をよく見てみると
トゲが刺さっていた、ということがあるなど

普段から当たり前のように
会話を成立させてきている様子が
動画でアップされ続けています。

スポンサーリンク


そしてもう1匹
ご紹介したいわんちゃんが、

こちらのLouie

ブラウザーをアップデートしてください


注目して欲しいのが、

他の犬達は足で踏んでボタンを押すのですが、
このLouieは口でボタンを押すんです。


体が小さくても工夫して
ボタンを押し、気持ちをつたようとする様子が
本当に愛らしいんです。

スポンサーリンク


そして最後にご紹介したいのが、

犬だけではなく、
もちろんとも意思疎通ができるということ。

ブラウザーをアップデートしてください


猫も犬と同じで、
2.3歳児もしくはそれ以上の知能
あると言われているため

飼い主がよく話しかけ、
しっかり教えれば
ボタンを使っての会話ができて当然。

猫の知能は人の2~3歳児くらいといわれているが、実は2~3歳児よりも知能が高いという。なぜなら、猫は約200語の単語を覚えられ、記憶力にも長けている。これは〜(省略)海馬があるからだ。

https://biz-journal.jp/2020/03/post_143885.html


こちらの猫、Billiの動画を観ていると
他の犬達とは違って、やはり猫。

とてもマイペースな印象を受けます。


それでも
「catnip」や「pets」,
「bye」などの言葉を使って
飼い主の質問に返答する様子が
いつも動画に残されています。

スポンサーリンク


これらの「#hunger4words」動画を観て
筆者がいつも感動するのは、
ペットが自ら

「happy」
「I love you」

という言葉を伝えてくるところ。


ペットを飼っている方なら誰しも一度は、
この子はうちにきて幸せだったかな
と考えてしまうものです。

これまでならば、
飼い主自身が自問自答を繰り返し
ペットのさりげない仕草から
想定していくしかなかったことも、

このボタンを使えば、

犬や猫みずからが私たちへ
I love you」を
伝えてくれることがあるのです。


本当に意味を理解しているかなんて
誰にも分かりません。

でも、
飼い主が喜ぶからこのボタンを押す
で十分ですよね。

スポンサーリンク


まだ日本ではこの
ペット用ボタンの販売はされていないようですが

そう遠くない未来には
ペットショップでも商品として
販売されている様子を
見かける日がくるのではないかと思います。


ペットと飼い主が意思疎通できる未来。

待ち遠しいですね。

タイトルとURLをコピーしました