「クッキングシート」最強コスパ対決!ダイソーVSコストコ!

グッズ

前回の記事では「クッキングシート」
様々な活用アイデアをご紹介しました。

超ズボラさんの為の「クッキングシート」活用法をご紹介!
"まな板" "お弁当箱" "フライパン" など、特に洗い物を面倒だと感じるそこのあなた。「クッキングシート」の色々な活用法、ご紹介します。

今回は、

キッチングッズの中でも消耗品である
「クッキングシート」をたくさん使うために

いかにコスパの良い商品を選びリピートするか。


国内に3,367店舗(R2.1 現在)を展開する
庶民の強い味方 “ダイソー” と、


規格外のスケールでまとめ買いが楽しめる
イベント系ショッピングの出来る “コストコ”


この2箇所で販売されている
「クッキングシート」の詳細コスパ

そして、
どの商品とも比較出来る大事な目安

” 1mあたり、いくらだと安いといえるのか。”

これらを詳しくご紹介します。


※この記事の中でのコスパの計算等は、
 幅のサイズは含まず”長さのみ”で計算しています。

スポンサーリンク

ダイソー 「クッキングシート」

どこのダイソー店舗でも
必ずといっていいほど販売されている、こちら。

商品の詳細は、

ダイソーが製造販売しているオリジナル商品で、
サイズ違いで2種類販売中。

・幅25cm×6m
・幅30cm×5m

この記事では、幅は関係なく
長さのみでコスパを計算する為
「幅25cm×6m」をご紹介。

使い心地としては、

まず本体のサイズが、大きすぎず重くなりすぎず、
ラップやアルミホイルと並べていても違和感なし。

シートをカットする時もとてもスムーズで
特別、破れやすいなどということも無し。

6mと短めである為、

これまであまりクッキングシートを使ったことがない

という方が、
はじめに購入してみるのにオススメの一品。

ここからはコスパに関して。

100円均一のダイソーの商品のため、
価格はもちろん、税込「110円」。(R2.1 現在)

この記事内では
幅は計算に含まないため、単純に

110 (円) ÷ 6 (m) = 18.33333... (円)

1mあたり、およそ18.3円

という結果に。


これ、結構安い方です。

スポンサーリンク

KIRKLAND「parchment paper」

続いては、
コストコで販売されている「Parchment Paper」。

こちらも、
コストコが製造販売しているプライベートブランド

KIRKLAND(カークランド)製で、
2本セットで販売中。

使い心地としては、

ダイソーのクッキングシートよりも気持ち厚めで

ダイソーの紙質が “シャカシャカ” ならば
コストコのこちらは “バッサバサ” といった印象。

写真上のペーパーが “コストコ” / 写真下が “ダイソー”


ただし、
「幅38.1cm×長さ49.9m」という
圧倒的な大きさのシートが収容されている為

本体のサイズが
「幅 39.5cm × 高さ 7cm × 高さ 7cm」

重さが1本「928g」と1kg近く、

かなり重量級のため、

片手で持って、
シートを引き出して、
片手で綺麗にカットする為には

扱いに慣れる必要がありそう。

そして、この大きさだと
狭いキッチンでも場所をとりがち。

そして、肝心のコスパ。

筆者が購入した時は、
税込で「1,438円」(R2.1 現在)。

この記事内では
幅は計算に含まないため、単純に

1,438 (円) ÷ 99.8 (m) = 14.40881... (円)

1mあたり、およそ14.4円

という結果に。


かなりコスパ良し。

スポンサーリンク

コスパ最強は「コストコ」


ダイソー製の「クッキングシート (6m)」と
コストコ製の「Parchment Paper」。

この2つの長さのみを比べた所、


1mあたり、
「ダイソー / クッキングシート (6m)」 : 18.3円
「コストコ / Parchment Paper」   : 14.4円


商品の価格だけだと
コストコの Parchment Paper の方が
コスパが良いという結果に。


幅も38cmと長めである為、
質量的には圧倒的なコスパの良さ。

ちょっと待って、本当にコスパ最強?


ただし、
本当にコストコのParchment Paperのコスパの良さを
利用できているのは

コストコの周囲、15km圏内に住んでいる人
コストコの会員の同伴者くらいではないでしょうか?


いくら安いからといって、
時間交通費をかけてコストコまで行ったり

あまり行かないのにも関わらず
毎年、毎年、年会費を払っているようでは、

コストコのコスパの良さを
まったく活用できていないことに。

スポンサーリンク

使いやすさは「ダイソー」


買いやすいのは、

もちろん「ダイソー」という人が多いことでしょう。

食料品を買いに行ったついでにでも
気軽に2.3本買うことができるのが魅力。


そして、本体の使いやすさとしても
ダイソーの「クッキングシート」の方が本体も軽く

キッチンでは使いやすい

といえるのではないでしょうか。

結論:1mあたり何円ならばコストコよりも安くなるのか


スーパーやディスカウントストアでの安売りの時などの

“これ、安い!”

の目安となる数字は、

税込金額 ÷ 長さ = 「 1m あたり 〇〇円 」


コストコが身近な人「1mあたり、14.4円以下 」

ダイソーが良い人 「1mあたり、18.3円以下」

この数字よりも安い価格の商品だと

“かなりコスパが良い”

といえるでしょう。


“あれ?これ、安くない?”

と思ったらすぐに計算するべし。

安売りが狙い目の商品


クッキングシートは、
これまでに紹介した2つの商品以外にも

たくさんの種類が販売されています。

【業務用】クックパー EG BOXタイプ 33cm×30m
【業務用】クックパー EG BOXタイプ 33cm×30mがキッチンペーパーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。


漂白されていないものや、

アルファミック クッキングシート オーブンペーパー 無漂白 幅30cm×50m 国産 蒸し料理やパン・ケーキづくりにも対応 1本入
Amazon.co.jp: アルファミック クッキングシート オーブンペーパー 無漂白 幅30cm×50m 国産 蒸し料理やパン・ケーキづくりにも対応 1本入 : ドラッグストア


ロール型になっていないものまで。

[Amazon限定ブランド]Kuras 丸型フライパン用クッキングシート 直径26cm用 30枚入×3個(90枚)【まとめ買い】
Amazon.co.jp: Kuras 丸型フライパン用クッキングシート 直径26cm用 30枚入×3個(90枚)【まとめ買い】 : ドラッグストア


100円ショップには、
おしゃれな絵柄がついたものもあるなど

様々な商品が販売されている様子。


コスパを重視するか、
使いやすさを重視するか、
はたまたオシャレさを重視するか。

自分の環境にあった、
商品選びの参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました